2017年6月27日火曜日

冷やし中華の世界で登場した竹下さんが、なかなか個性の強そうな感じ「マツコの知らない世界」【テレビ感想2017年ネタバレ注意】。 #TV

マツコの知らない世界 6月20日

今回の知らない世界は「冷やし中華の世界」と「ギネスワールドレコーズ」の世界でした。
まず冷やし中華の世界で登場した竹下さんが、なかなか個性の強そうな感じでした。「冷やし中華はどれも味は同じ」「不味いのも無いけど美味いのもない」と最初から飛ばしまくりの発言で、え!そんなこと言っていいの?とヒヤヒヤしました。
でもそんな竹下さんがおすすめするだけあって、紹介されたお店はどれも美味しそうでした。冷やし中華は人気が無い…と自虐的だったので、これを機会にもっとTVや雑誌で取り上げて欲しいです。
そして次はギネスの世界。ギネス世界記録を持つ3人が出てきた時、マツコさんと一緒で、あ、見たことある!と思いました。特に4足歩行の人はインパクト強いのでよく覚えています。
指ぱっちんとか縄跳びとか子供の遊びのようなことも、ギネス記録を持っているとなると、何だかアスリート的な雰囲気が漂ってくるのが面白いです。

2017年6月26日月曜日

UWASAのネタ「友近とハリセンボンの春菜のネタがおもしろすぎました」【テレビ感想2017年ネタバレ注意】。 #TV

UWASAのネタ【2017.6.21放送】

芸人が今まで温めていたネタを公開するという番組です。微妙だから公開していなかったのでは…と友近とハリセンボンの春菜のネタがおもしろすぎました。
 様々な話題について2人が自分の方がすごいと主張していくのですが、特におじさん役の春菜が秀逸でセンス抜群の発言を連発する一方、「俺だよ?」という単調な単語も何度も繰り返し、いつの間にか、笑いが止まらなくなっていました。
 よく作りこまれたネタだなと感心していたら、なんとほとんどアドリブでやっているという話を聞いてさらに驚きました。今まで特に注目したことはなかったですが、芸能に関する知識量が豊富でさらにそれらを瞬時に繰り出すという素晴らしい才能を持っている方だなと尊敬しました。
 今後注目していきたいなと思いました。

2017年6月25日日曜日

音楽に合わせて流れてくる食べ物を食べれるかどうかの説「水曜日のダウンタウン」【テレビ感想2017年ネタバレ注意】。 #TV

水曜日のダウンタウン 2017.6.21

毎週水曜日に芸人さんたちが持ってくる説を実証する番組です。
今週の説は食べ物の音楽に合わせて流れてくる食べ物を食べれるかどうかの説。この説は何度も挑戦されてる説ですがレベルに応じて難易度が異なります。明らかに無理だろうと思えるチャレンジも視聴者からだと笑ってしまいます。挑戦者にも色々いて芸人さんから大食いの方々までチャレンジしてます。ただただチャレンジを見てるだけですが思わず笑ってしまいます。
続いての説は芸人の子どもは親のギャグで笑うがどうかの説。親子の親密度や普段から笑わせているかどうかが結果でしたが笑わせるというより家族愛の確認だと思いました。
水曜日のダウンタウン毎週欠かさず視聴してますが面白い説がたくさんあるので毎週楽しみにしてます。

2017年6月24日土曜日

京都の極み 初夏の2時間スペシャル 6月11日「新緑も魅力です。紅葉スポット=新緑のスポットでもある」【テレビ感想2017年ネタバレ注意】。 #TV

京都の極み 初夏の2時間スペシャル 6月11日

京都が大好きなので京都を紹介する番組は見る事が多いです。とにかく京都を紹介する番組は多いですし色々な京都を知る事ができ嬉しいですし旅の参考にもなります。
この番組も定期的に見ており、今回は大好きな季節の初夏をテーマにしていたのでいつもより増して興味深く見る事ができました。
京都の初夏と言えば新緑も魅力です。紅葉スポット=新緑のスポットでもあるので比較的探しやすく、気候的にも1年でもかなり快適な時なので歩きやすくていいですしね。
京都は桜や紅葉の時は結構な回数足を運んでいるのですがこの時期は殆どないので、見た事があるお寺を紹介されていても秋との比較も面白く新鮮な気持ちになれました。
他には葵祭りの事も詳しく紹介していて、次行くなら葵祭+新緑を組み合わせた贅沢な旅を是非してみたいと思いました。

2017年6月23日金曜日

ブラタモリ 名古屋 6月10日「ネタで揶揄しただけで心底バカにしていた訳ではないのかな」【テレビ感想2017年ネタバレ注意】。 #TV

ブラタモリ 名古屋 6月10日

まず何より驚いたのは、え!この番組がついに名古屋に行くのか!でした。
なんせタモリさんと名古屋と言えば昔のタモリさんの発言にあるように、いいイメージは恐らく持ってていないと想像しましたし本当に驚きました。
もう何回もやっているこの番組なので今まで敢えて避けてきたのかな、いやたまたま順番でここまで遅くなったのかなと色々と思いが巡りました。
これまで数多く訪れている中でも1,2位を争う話題の訪問地になったのではないかと思います。
始まりはいつものように至って普通でしたので思ったよりもタモリさんは名古屋を意識していないのかなと思いました。
名古屋人とは仲良しが多く名古屋弁も話せると聞いた時には、ネタで揶揄しただけで心底バカにしていた訳ではないのかな?と。
名古屋の人にも好評だったようなので後編の明日も非常に楽しみです。

人気の投稿