2018年7月17日火曜日

ボランティアに行けない分、自身に何か出来ることがないか考えています。「西日本を中心とした豪雨について」 #西日本豪雨災害

西日本を中心とした豪雨発生から、昨日(7日)で一週間が経ちました。
今でも、避難生活をされている方もいらっしゃるようです。
自衛隊の方からの救助支援(食料・飲み物の物資支援)も、すべてに行き届いていないようです。
避難生活をされている方すべてに物資支援が行き届くように、願うばかりです。
本日の新聞(朝日新聞)のトップには、豪雨が発生した地域には、ボランティアさんが続々と来ていると、写真付で掲載されていました。
私も、ボランティアに参加したいと考えています。
しかし、個人の事情でなかなか行けないので、残念に思っています。
ボランティアに行けない分、自身に何か出来ることがないか考えています。
先ほど、テレビを見ていましたら、銀行から募金が出来ることを知りました。
ぜひ、募金をしたいと思っています。

2018年7月16日月曜日

『半分、青い』7月7日(土)より「100円ショップ「大納言」に、近所で行われる秋の運動会の準備のための依頼」感想。 #テレビ #TV

ヒロインの鈴愛が、勤めている100円ショップ「大納言」に、近所で行われる秋の運動会の準備のための依頼が入りました。
しかし、人手不足のために、アルバイトを雇う事になりました。。
アルバイトでやって来た人物は、なんと、先日、「大納言」に、やってきたお客(青年)だったのでした。
アルバイトしてやって来た初日、青年は、鈴愛に対して、いつも笑顔で接してくれました。
視聴者である、私は、この場合を見たとき、「この青年こそ、鈴愛の運命の相手のかもしれない」と思いました。
大好きだった律さんの事で、すごく辛い思いをした鈴愛。
心機一転で、新しい生活を始めましたが、やはり、何年経っても、律さんとの悲しい別れの辛い思いは消えないはずだと思います。
私も、鈴愛と似たような経験をしました。
今年の3月、アルバイト先を退職しなければなく(経営不振のため、アルバイトは解雇)、好きだった方との、涙の別れを経験しました。
最後の日、好きだった方は、私には全く、目も合わそうとせず、何も言ってくれず、むしろ、冷たくあしらわれてしまいました。
あれから何ヵ月経っても、この辛い思いは消えません。
いつかは、自然に、この辛い思いも消えていくと思っています。
アルバイトとして、やって来た青年と鈴愛が、仲良くなれ、仕事でも、お互いに、切磋琢磨、そして交際まで発展すると良いなと思いました。

2018年7月15日日曜日

ぴったんこカン・カンスペシャル 7月6日「トランポリーを体験して綾瀬さんの運動神経と覚えの良さ」感想。 #テレビ #TV

ゲストが涎が出るほど嬉しいメンバーで見ている最中ずっと楽しくて仕方ありませんでした。
竹野内豊さん、佐藤健さん、綾瀬はるかさんの3人はとても好きな役者さんで竹野内さんはなかなかバラエティに出ないので特に貴重な機会でした。
まずトランポリーを体験して綾瀬さんの運動神経と覚えの良さには舌を巻きました。男性陣2人も様になっていましたし何より皆さん楽しそうなのが良かったです。
次の体験は高台にあるちょっと変わったアスレチック体験でかなりの度胸がいるものですが、女は度胸を地でいっているような姿を見せてくれた綾瀬さん。
行う前は怖いと言いながらもへっぴり腰にもならず堂々とこなしていましたし、やり終えた後も楽しいと言っていたほどでした。
綾瀬さんは以前から天真爛漫で明るい女性だと思っていましたが、年を重ねてもそういう面は全然変わらずまた明るい綾瀬さんを見る事ができ元気を貰いました。

2018年7月14日土曜日

生放送!BSジャパン歌い継ぎたい昭和音楽祭 7月6日放送「石川ひとみさんのまちぶせや沢田研二さんの勝手にしやがれやTOKIO」感想。 #テレビ #TV

帰宅した時にたまたま家族がこの番組を見ていて懐かしい歌が流れていたのでシャワーを浴びるまでの間に休憩も兼ねて少し見ていました。
歌に関して昔が良かった、そして今はダメとは決して思いません。いくつになっても流行の歌の中で好きになる曲もアーティストもいますので最新曲も楽しく聴いています。
しかし以前不思議に思っていた、なぜ親は懐メロを聞きたがるのだろうという気持ちが自分も年を重ねるにつれ何となくわかるようにもなってきました。
あの頃に聴いた曲を今聴く事でまた元気を貰ったり若返ったり時には懐かしがったり若い頃には芽生えなかった感情が沸くようになったからです。
この番組でも石川ひとみさんのまちぶせや沢田研二さんの勝手にしやがれやTOKIOを聴いていたらその当時の事が瞬時に甦ったのです。
勝手にしやがれは記憶のある中では自分の意思で人生で初めて買ったレコードですし思い出深く思い入れも深い曲でもあります。
子供の頃ではピンとこなかった歌詞の意味が今はわかるようになりましたし、改めて聴いてみても新しい発見もあります。

2018年7月13日金曜日

麻原死刑囚の死刑が執行されて、思ったこと「三女が、テレビ局のインタビューに答えていました」【気になるニュース2018年】

戦後最悪の事件と言われたオウム事件ですが、6日に、麻原死刑囚の死刑が執行されました。事件から30年近く経って、ようやく事件の決着を見た形です・・・。

先日テレビを見ていると、麻原死刑囚の三女が、テレビ局のインタビューに答えていました。
「なくなられた方々には大変申し訳ないことをしました」と反省の言葉を述べてから、「なぜ、父はこのようなことをしてしまったのか? 結局何も分からず、非常に残念でしかたありません」と、後悔の念を漏らしていたのが印象的でした。

世界では、「人間は弱いもので、何か信仰的なものがないと生きていけない」という概念が、主流になっています。しかし、日本では無宗教の人がほとんどで、宗教に入っている人を蔑む傾向があります。特に、新興宗教団体と聞くと抵抗感があるのが本音です。

オウム事件は、日本で起こるべくして起こった事件だったのかもしれません・・・。
問題はかなり根が深いようです。

今後、このようなことが起こらないように、何か対策を施す必要があるように思えてきます。

人気の投稿